[自分用]Twenty Eleven表示確認用ブックマークレット

自分用に適当に作ったので問題ある部分もあるかもしれませんが(保険)せっかくなので公開。
発端はtwitterで見かけた以下@shinichiNさんの発言。


独自テーマを作成していてたまにTwenty Elevenで確認したい時ってあります?よね。
というわけでブックマークレットです。
以下をブックマークバーまでドラッグしてください。
制作中のWordPressサイト表示時にブックマークレットクリックでTwenty Elevenを有効化した場合のページが確認できます。
※西川さんのツイート内にもありますがWordPressにログインしている必要があります。
またTwenty Elevenテーマが入っていないと当然駄目なはずです。

Twenty Eleven表示確認ブックマークレットVer0.1

Twenty Eleven表示確認

Mac OS X Lion環境NetBeans IDEにプログラミング用フォントRicty導入

フォントにそこまでこだわりがある訳ではないですがNetBeans IDEのデフォルトの日本語はかなり見難いと感じていたところ、以下ツイートを見てRictyフォントなるものを導入してみようと思ったけど結構苦労したのでそのメモ。

INDEX

  1. 環境
  2. 前置き
  3. Homebrewインストール
  4. FontForgeインストール
    1. FontForgeインストールでエラーその1
    2. FontForgeインストールでエラーその2
    3. FontForgeインストール成功
  5. Rictyの生成
  6. NetBeans IDE の設定

環境

  • Mac OS X Lion 10.7.2
  • Xcode 4.2.1
  • NetBeans IDE 7.1
  • ターミナル用エディタ nano

前置き

まず、公式のプログラミング用フォント Rictyを見てみると、これまではTrueTypeフォントで配布してたがライセンスの問題から万全を期すために最新版は生成スクリプトのみの配布、そして、生成方法としてFontForgeが必要とのこと。
FontForgeというのはフォントの作成や編集ができるアプリケーションらしい、というわけでFontForgeのインストール方法を調べてみることに。

Homebrewインストール

Google先生に尋ねてみて最初にヒットしたサイトがこちら。
Cocoa Emacs on OSX LionでRictyフォントを使ってみた! – 空繰再繰

参考サイトを見てみるとFontForgeをインストールするにはHomebrewというパッケージマネジメントツールが必要とのこと。

早速Homebrewへ行くと中ほどに”Install Homebrew Today!”とあったのでクリック。

Homebrew
Install Homebrew Today!をクリック

githubのHomebrewインストール解説ページに飛ばされたので解説にある通りターミナルコマンドで以下を入力。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/gist/323731)"

暫し後インストール完了。
/usr/local/ にHomebrew含むファイル一式が追加されており試しにバージョン確認してみるときちんと表示されました。

$ brew -v
0.8.1

FontForgeインストール

FontForgeインストールでエラーその1

参考サイトに習ってターミナルよりFontForgeをインストール

$ sudo brew install fontforge --use-gcc --without-python

すると以下のようなエラーが

sudo: brew: command not found

sudo無しで実行すると通ったので /usr/local/ の権限がrootになっていないのが問題のよう。

$ sudo chown -R root /usr/local

で /usr/local/ の権限をrootに変更。
再度fontforgeインストールしようとすると問題なく brew は実行、しかし別のエラーが。

FontForgeインストールでエラーその2

Error: GCC could not be found

上記エラーが発生。GCCなるものが無いとのこと。
GCCについて調べてみるとフリーのコンパイラでXcodeインストール時に同時にインストールされるらしい。Xcodeはつい最近インストールしたためGCCもインストールされているはず。
念のため /Applications/Install Xcode から再度インストール。

エラー・・・

入っているはずのものが認識されないのでパスが通っていないのかな、ということでMacでパスを通す方法を調べてみることに。
どうやらホームディレクトリ(/users/ユーザ名/)に不可視ファイルで.bash_profileや.bashrcがあるとのこと。(デフォルトはないみたい)
というわけでホームディレクリに移動してファイルがあるか確認。

$ cd /users/ユーザ名
$ ls -a

ファイルが見つからなかったので新規に作って /usr/local へのパスを追加する事に。

$ nano .bashrc

で.bashrcファイルを作成して以下を記述。

export PATH=$PATH:/usr/local

反映させるためにsourceコマンドを。

source ~/.bashrc

パスも通っただろうし再度FontForgeインストール実行。

$ sudo brew install fontforge --use-gcc --without-python

エラー・・・
という訳で再びGoogle先生に聞いてみる事に。

FontForgeインストール成功

いろいろ調べてたどり着いたのがこちら。
Mac デ Homebrew ノススメ | CaCi – Takahiro’s Kitchen
Xcode4.2+GCCは問題あり、という内容でたどり着いたのですが、HomevrewインストールからFontForgeインストールまでこちらのサイトで事足りる、という程参考になりました。

まずはパスの設定から。

Homebrewで入れたパッケージを優先的に使うためには/usr/binより/usr/local/binがPATHの前になければなりません。

というわけで、先ほどの.bashrcファイルを編集します。

$ nano .bashrc

PATH=/usr/local/bin:/usr/local/share:$PATH
export PATH

続いてGitのインストールとHomebrewアップデート

$ sudo install git
$ brew update

そして問題のGCCは使えないので代替の方法を。(詳しくは参考サイトを)

$ sudo brew install --use-clang ffmpeg

ようやくFontForgeインストール!!

$ sudo brew install fontforge --use-clang

暫し後FontForgeインストール成功。
/usr/local/Celler/fontforge/ が追加されています。

Rictyの生成

プログラミング用フォント Rictyの「生成スクリプトの配布」より最新バージョンをダウンロード。(2012/01/31現在 version3.1.3)

Inconsolata 公式サイトより OpenType fileをダウンロード。

M+ と IPA の合成フォントのダウンロードより”Migu 1M”をダウンロード。

それぞれ解凍して1つのフォルダへ。(私はRitcyフォルダに入れました)

ターミナルでフォルダに移動して以下コマンドで生成。

$ ./ricty_generator.sh auto


無事生成されたので、インストール。

NetBeans IDE の設定

“NetBeans > 環境設定 > フォントと色”のフォントでRictyを選択。

NetBeans IDEのフォントをRictyに変更出来ました!!

『JPEGmini』のJPEG軽量化サービスを試してみたら凄まじかった。

JPEG画像を劣化させずに軽量化する『JPEGmini』がスゴすぎる – blog | roughtabで紹介されていたから試してみました。
JPEGmini – Your Photos on a Diet!

登録方法や使い方は分かると思うので割愛。

軽量化によりほぼ劣化なく半分以下のサイズになりました。
画像をアップロードする必要があるのでWEB制作で用いる場合はクライアント側にその旨を伝えていたほうが良さそうです。

Original: 2858KB
JPEGmini: 849KB